松田聖子愛用の化粧品

人は美しいにこしたことはない。

ってのは人間だけの感性であろう。

生物としては、見た目って関係ない。

結局は種の保存しかないので、見た目なんて関係ないのである。

見た目(ルックスの良し悪し)で損得があるのは人間だけのようだ。

ただ、このルックス、遺伝的要素が高い

不摂生しても美しい女性

 

かつて、ナオミキャンベルって黒人モデルが世を賑わせたけど、彼女は350円の時給のウエイトレスをしていたのが、抜群のプロポーションが認められ一気に年収9億円になったとか。

しかも、このナオミさん。そのポロポーションの維持のために何の努力もしてないとか。

バッグには常い甘~いチョコレートが入っていて好きなだけ食べてるって。

生まれ持った容姿だけで億単位のお金が入ってくる

 

松田聖子は、整形してるだの、化粧品やらサプリに金かけてるだの言われているが、彼女も遺伝子レベルに美しさがありプラス努力もしてるようだ。

松田聖子にはお兄さんがいるそうで、司書をしている。

私は、そのお兄さんの同僚と友達って言う友人がいるのだが、彼女によると、その司書をしているお兄さんの肌がすんごく綺麗なんですと。男性なのに。しかもおっさんなのに。

 

※イメージです

 

だから松田聖子の家系はそもそも美しいのだろうな。
このような人はどんな化粧品を使っても美しいのだろうな。

なので、遺伝子が不細工なら尚いっそうの努力をしなければなりませぬ。

あるいは、遺伝子が不細工なら、努力しても無駄。内面を磨こう

うーん迷うところじゃ。

あなたはどちらを選ぶ??

人が放つオーラって、外見を磨くのか、内面を磨け現れるものなのか、さまざまですね。

 

コメントを残す